アガベ・メリコ錦
学名Agave sp. 'Meriko Nishiki'
園芸名メリコ錦(メリコニシキ)
英名
流通名 メリコ錦
科名キジカクシ科(リュウゼツラン科)
属名リュウゼツラン(アガヴェ)属
性状常緑多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地(北米南西部〜メキシコ)
特徴 小型のアガベで、周縁部に大きな黄白色の縦縞が入ります。葉は長楕円形〜倒卵形で先端が尖り、ほぼ平滑で、少し反り返り、放射状にロゼットを形成します。周縁と先端には少しトゲがあります。
注記:メリコ錦はパリイ種(Agave parryi )の小型斑入り品種(' Patonii Minor Variegata')との紹介もあります。パリイ種は、ロゼット径1mほどになる大型種で、茶褐色の強いトゲがありますが、その他の形態はよく似ています。
管理 性質強健。多湿を嫌う。繁殖は株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ観葉植物百科目次へユリ科の仲間アカリファ属の仲間へ