アロカシア・ローウイー
アロカシア・ローウイー
学名Alocasia lowii
和名ナガバクワズイモ
英名
科名サトイモ科
属名アロカシア属(クワズイモ属)
性状常緑多年草
用途小〜中鉢
原産地ボルネオ
特徴 葉は矢じり状卵形で、基部は深く切れ込み、深緑色地に、葉縁、主脈、主側脈が銀灰色になり、その斑模様は鮮明で、裏面は紫色を帯びています。その葉姿はエキゾチックでたいへん美しい。よく出回っているアローカシア・アマゾニカの片親ですから、形状はよく似ていますが、葉縁に波状の切れ込みはありません。葉の長さは大きくなれば60cmほど、葉柄は長い。
管理 アロカシア・アマゾニカに準ずる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へサトイモ科の仲間同じ属の仲間へ