アロエ・ラモシッシマ
アロエ・ラモシッシマ
学名Aloe ramosissima
園芸名羅紋錦
英名
流通名
科名ツルボラン科(ユリ科)
属名アロエ属
性状常緑低木(多肉)
用途中〜大鉢
原産地アフリカ南部
特徴 高さ2〜3mくらいになるアロエで、茎は又状に分枝します。幹はなめらかで光沢ある灰〜灰白色です。葉は枝先に着き、多肉で線状披針形、青緑色ですが、葉縁は淡黄色で、トゲがあります。成熟した株になると、花茎が出て、3〜4cmの紡錘形の黄緑〜黄色花が総状に咲きます。
管理 キダチアロエに準ずる。冬は室内で、水を控える。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水

ホームページ観葉植物百科目次へユリ科の仲間同じ属の仲間へ