アンスリウム・スカンデンス
アンスリウム・スカンデンス
学名Anthurium scandens
和名ノボリウチワ
英名
別名
科名サトイモ科
属名アンスリウム属(ベニウチワ属)
性状常緑多年草(半蔓性)
用途小〜中鉢
原産地エクアドル
特徴 アンスリウムでも本種は仏炎苞を観賞するのではなく、肉穂花序に着く果実と葉を観賞する種類です。小型の半蔓性の植物で、茎は棒状に伸び、葉は1節おきに着き、葉の無い節からは気根を出します。葉は楕円形で濃緑色で光沢があります。仏炎苞は白色ですが、あまり目立たず、肉穂花序に房状に着く果実は白色で美しく、この果実や葉を観賞します。
管理 アンスリウムの管理に準ずる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ