アンスリウム・アンドレアヌム
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
アンスリウム・アンドレアヌム
学名Anthurium andraeanum
和名オオベニウチワ
英名flamingo lily
科名サトイモ科
属名アンスリウム属(ベニウチワ属)
性状常緑多年草
用途 小〜中鉢
切り花
原産地コロンビア、エクアドル
特徴 独特な赤い心臓形の仏炎苞を観賞するアンスリウムには大きく分けて2種類があります。本種は仏炎苞、葉ともに光沢があり、華やかでエキゾチックな種類で、最も多く栽培されています。多くの園芸品種があり、仏炎苞の色も白、濃赤、桃、覆色系など多彩です。また、仏炎苞の大きさも多様です。なお、仏炎苞の鮮やかな色彩が本種の特徴ですが、本当の花は中心の棒状(肉穂花序)です。鉢物だけでなく切り花にも多く使われます。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へサトイモ科の仲間同じ属の仲間へアンスリウムの切手を見ませんか管理方法の解説へ