コリノカルプス・ラエヴィガツス

斑入り品種
学名Corynocarpus laevigatus
和名
英名 karaka、New Zealand laurel
流通名コリノカルプス
科名コリノカルプス科
属名コリノカルプス属
性状常緑高木
用途中〜大鉢
原産地ニュージーランド
特徴 葉は卵状の長楕円形で革質、光沢ある暗緑色で美しい。葉は単葉で全縁、互生しますが、密に着きます。高さ20m以上になる高木です。周縁に黄色斑が入る品種もあります。緑白色の小さな花が多数咲き、秋には3〜4cmの卵形の果実がオレンジ色に熟しますが、種子は有毒です。
管理 排水性の良い用土を好む。高温と夏の強光を嫌う。繁殖は種まきまたは挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
夏だけは直射光を避ける耐陰性がある5℃より下がってもよい普通の水やりでよいときどき葉水を与えるとよい
ホームページ観葉植物百科目次へパイナップル科の仲間