クラッスラ・ペルフォラタ(南十字星)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
学名Crassula perforata ' Variegata'
園芸名南十字星
英名 string of buttons
流通名
科名ベンケイソウ科
属名クラッスラ属
性状常緑多年草(多肉)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南アフリカ
特徴 先端が三角状になる広卵形の葉が細い茎に密に着きます。葉は対生しますが、対生する葉は互いに癒合しています。葉の長さは1.5〜2cm。葉の色は明灰緑〜帯青灰緑で、先端部や周縁は赤色に縁取られます。本種は形態変異がかなり多いようです。
管理 強い光に当て、水と肥料を控えると美しい赤色が発色する。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
夏だけは直射光を避ける
5℃より下がってもよい乾燥気味を好む
ホームページ観葉植物百科目次へベンケイソウ科の仲間アカリファ属の仲間へ