クラッスラ・テトラゴナ(桃源郷)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
クラッスラ・テトラゴナ(桃源郷)
学名Crassula tetragona
園芸名桃源郷(トウゲンキョウ)、竜陽(リュウヨウ)
英名 baby pine of china
流通名 クラッスラ・桃源郷
科名ベンケイソウ科
属名クラッスラ属
性状常緑多年草(多肉)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南アフリカ
特徴 葉は長さ3cmほどの針状で、上面平坦、多肉質です。葉色は、やや黄味がかった緑色です。若い葉は上方に湾曲する独特の姿をしています。茎は直立し、基部は木質化します。高さ1mぐらいまで育ちます。花は白色です。
管理 性質は強健。排水性の良い用土に植える。夏は十分に水を与える。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ観葉植物百科目次へベンケイソウ科の仲間アカリファ属の仲間へ