ドラセナ・ドラコ(リュウケツジュ)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ドラセナ・ドラコ
学名Dracaena draco
和名リュウケツジュ
英名 dragon tree
流通名
科名キジカクシ科(リュウケツジュ科)(リュウゼツラン科)
属名ドラカエナ(ドラセナ)属
性状常緑高木
用途大鉢
原産地カナリア諸島
特徴 高さ20m以上になる高木で、ドラセナの仲間では最も大きな種類の一つです。大きくなると幹はよく分枝し、大きな樹冠を形成し、葉は茎の先端に密生します。葉の形態は線状披針形、長さ50cmほどで、柔らかくてやや厚く、葉の色は白みを帯びています。熱帯では庭園樹として広く栽植されていますが、この幼木は観葉植物として利用されます。幹と葉からは「竜の血」と呼ばれる暗赤色の樹液が出ます。
管理 性質強健。他のドラセナに準ずる
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へユリ科の仲間同じ属の仲間へ