インドボダイジュ
インドボダイジュ
学名Ficus religiosa
和名インドボダイジュ 別名:テンジクボダイジュ
英名 bo tree, peepul, sacred fig
流通名
科名クワ科
属名フィクス属(イチジク属)
性状落葉高木
用途中〜大鉢
原産地インド〜東南アジア
特徴 お釈迦様がこの樹下で悟りを開かれたことで知られる仏教の聖樹です。葉は卵状円形で、先端が長く尾状に伸びているのが特色で、光沢のある緑色をしており、たいへんに美しい。葉柄は長く10cmほどあり、微風でも風に揺らぎます。高さ20mにもなる高木で、葉がよく茂り、熱帯では樹下はいい日陰になります。
管理 コバンボダイジュの管理に準ずる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へクワ科の仲間同じ属の仲間へ