フィカス・ヴァッキノイデス
学名Ficus vaccinioides 
和名コケモモイタビ、テリハイヌビワ
英名 Formosan Creeping Fig
流通名フィカス・シャングリラ、つる性ガジュマル
科名クワ科
属名フィクス属(イチジク属)
性状常緑蔓性低木
用途小〜中鉢
原産地台湾
特徴 小さな葉を着けた細い茎が平伏して広がる可愛い植物で、 フィカス・プミラやガジュマルなどの仲間です。葉は楕円〜倒卵形で、長さ1.5〜3cm、紙質で粗毛が散在します。株が成熟するとイチジクを小さくしたような径0.6〜1cmの果実が着き、熟すると赤褐色になります。茎は匍匐しながら、節のところから発根していきます。台湾東部原産の固有種です。
管理 繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む耐陰性がある5〜10℃が必要普通の水やりでよいときどき葉水を与えるとよい
ホームページ観葉植物百科目次へクワ科の仲間同じ属の仲間へ