ゲッケイジュ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ゲッケイジュ
学名Laurus nobilis
和名ゲッケイジュ
英名 bay, bay laurel
流通名ローレル
科名クスノキ科
属名ゲッケイジュ属
性状常緑小高木
用途 中〜大鉢
庭園
原産地地中海地方
特徴 枝葉で作った環を月桂冠といい、勝者に冠します。乾燥させた葉は香辛料として使います。高さ5m以上に育ちますが、鉢植えや庭園樹にします。欧州ではスタンダード仕立ての庭木をよく見かけます。葉は長楕円形〜広披針形で、長さは10cm前後。革質で濃緑色。4〜5月頃、葉腋に黄色の花を数個着けます。果実は楕円形で、熟すると黒紫色になります。
管理 性質強健。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間