ゴバンノアシ(バーリングトニア)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ゴバンノアシ(バーリングトニア)
学名Barringtonia asiatica
和名ゴバンノアシ
英名
科名サガリバナ科
属名バリングトニア属
用途小〜中鉢
性状常緑高木
原産地マダガスカル〜太平洋諸島
特徴 高さ20mにもなる高木で、アジアの熱帯の海岸に普通に自生する高木で、日本の南西諸島にも自生します。果実が10cm角くらいの四角錐形をしており、この形が面白いので芽を出したばかりの幼木を観葉植物として利用します。四角い果実の形が碁盤の足に似ているのでこの名があります。花には10cmくらいの長いしべが多数あって、先端部分が赤く、ネムノキのように美しい。
管理 高温多湿を好む。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水

ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ