ヒカゲヘゴ
ヒカゲヘゴ
学名 Cyathea lepifera (=Alsophila lepifera
=A.pustulosa =Sphaeropteris lepifera)
和名ヒカゲヘゴ
別名モリヘゴ、アヤヘゴ
英名
科名ヘゴ科
属名ヘゴ属
性状常緑木性シダ
用途 小〜中鉢
花壇
原産地屋久島以南〜フィリピン
特徴 屋久島以南に自生する大型の木性シダ。高さ10mにもなり、幹の基部はしばしば楕円状に膨らみ、幹の先端に葉が出ます。葉は全体として卵状楕円形で、2回羽状複葉、さらに小葉は深く切れ込んでいます。葉の表面は鮮緑色、裏面は帯白色。葉柄の基部は太く、淡黄〜淡褐色の鱗片が密にあります。幹はランの植え込み材などに用います。
管理 ヘゴの管理に準ずる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へシダの仲間同じ科の仲間同じ属の仲間へ