ヤエヤマヒルギ
ヤエヤマヒルギ
学名Rhizophora mucronata
和名ヤエヤマヒルギ
英名
別名オオバヒルギ
科名ヒルギ科
属名ヤエヤマヒルギ属
性状常緑小高木
用途小〜大鉢
原産地沖縄〜東南アジア〜豪州
特徴 マングローブを形成する植物の一つで、河口付近の汽水域の泥土上に生育しています。高さ10m近くまで育ち、幹の下から弓なりの支柱根を多数出します。胎生種子という長さ20〜50cmある種子は棍棒状で、樹上で発芽し、落下して泥土に突き刺さるか、海流にに乗って漂流します。この種子の姿が面白いので、発芽したばかりの幼植物を鉢植えにして流通しています。なお、幼植物も通しています(この写真はここをクリック)。
管理 繁殖は種まき。挿し木もできる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間
豆知識「マングローブ」熱帯植物館「ヤエヤマヒルギ」