イヌマキ
イヌマキ
学名Podocarpus macrophyllus
和名イヌマキ
英名 bigleaf podcarp, kusamaki, japanese yew
流通名マキ
科名マキ科
属名マキ属
性状常緑高木
用途 中〜大鉢
庭園
原産地日本〜中国南部
特徴 関東以西に自生する高さ25mにもなる高木で、果樹園の防風林や生垣、庭木などに広く利用されます。葉は線形〜披針形で長さ8〜15cm、先端が尖り、革質、深緑色です。変種のラカンマキ(var.maki)は、枝が多く出て葉はやや小型で姿がよく、生育は遅いが庭園樹として多く栽培されます。
管理 寒冷地では越冬できない。繁殖は種まきまたは挿し木。ただし、ラカンマキは挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ