ヤトロファ・クルカス
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ヤトロファ・クルカス
学名Jatropha curcas
和名タイワンアブラギリ  別名:ナンヨウアブラギリ
英名 Barbados nut
流通名ヤトローパ・クルカス
科名トウダイグサ科
属名ヤトロファ属
性状落葉低木
用途小〜中鉢
原産地熱帯アメリカ
特徴 種子は下剤や吐剤に、種子からとれる油は石けんや機械油の原料にします。枝を折ったときに出る樹液は乳白色で、吹けば泡が出るので、これ売りにした販売もされますが、種子には有毒成分があり、樹液もかぶれるおそれがあります。葉は円状広心臓形で、3〜5に浅裂しており、径10cm程度です。
管理 性質は強健。冬は乾燥気味に管理。繁殖は挿し木または種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ