ヤトロファ・ムルチフィダ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ヤトロファ・ムルチフィダ
学名Jatropha multifida
和名サケバヤトロファ
別名モミジバサンゴアブラギリ
英名 coral plant
科名トウダイグサ科
属名ヤトロファ属
性状常緑低木
用途小〜大鉢
原産地熱帯アメリカ
特徴 葉がモミジのように掌状に7〜11も深裂し、その葉姿が美しい。柔らかな幹は直立し、あまり枝分かれせず、下葉は自然に落ちて、先端付近にだけ葉が着く。本来は高さ2〜5mに育つ。花は花茎の先端にまとまって着き、緋紅色で、0.8〜1cmと小さい。花も観賞できるが、もっぱら葉姿を楽しみます。
管理 寒さには弱いので、冬は水を控え、暖かい明るい場所に置く。繁殖は挿し木で適期は春。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ