カンキチク
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
カンキチク
学名 Homalocladium platycladum
(=Muehlenbeckia platyclada)
和名カンキチク(寒忌竹)
英名 centipede plant, ribbon bush
流通名 リボンブッシュ
科名タデ科
属名ホマロクラディウム属
性状常緑多年草
用途小〜大鉢
原産地ソロモン諸島
特徴 独特な姿をしている植物で、葉のように見える扁平な部分は、実は茎で、葉状茎といいます。この幅は約1cmで、緑色。本当の葉は新梢の節に、3cmくらいの大きさのものをつけますが、脱落しやすく、無い場合の方が多い。原生地では数mになります。
管理 名前は「寒忌竹」でも、耐寒性は強く、暖地では露地でも越冬。性質は強健。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間