レデボウリア・ソキアリス (シラー・ビオラケア)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
レデボウリア・ソキアリス (シラー・ビオラケア)
開花期101112
学名 Ledebouria socialis
(=Scilla socialis =S. violacea )
園芸名彪紋(ヒョウモン)
英名
流通名 シラー・ピオラケア
科名キジカクシ科(ヒアシンス科)(ユリ科)
属名レデボウリア属
性状多年草(球根)
用途小〜中鉢
原産地南アフリカ
特徴 葉の表面は、帯灰緑色地に濃緑色の不規則な斑紋が入り、裏面は鮮紫紅色、エキゾチックな雰囲気です。葉の形は、被針形〜長楕円形で、肉厚、長さ8〜10cm。葉は3〜5枚出て、その中心部より赤紫色の花茎を伸ばし、帯緑白色の小さな花を総状に20個ほど着けます。球根は地表に出ます。
管理 多湿は避ける。冬は室内に。繁殖は株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ