リーア・コッキネア
無断の複製・転写・営業利用を禁じます

’バーガンディー’('Burgundy')
学名Leea coccinea
和名
英名 west Indian holly
流通名
科名ブドウ科(リーア科)
属名リーア(オオウドノキ)属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地ミャンマー
特徴 高さ2mあまりの低木で、2〜3回羽状複葉の姿が優雅です。小葉は、長さ5〜10cmの先の尖った楕円形〜倒卵形で、周縁は波状、少し鋸歯があり、革質の光沢ある緑色をしています。夏には桃色の小さな花が集散花序で多数咲き、半球状になります。写真の品種’バーガンディー’('Burgundy')は、葉が光沢ある赤紫色で、シックな雰囲気があり美しい。
管理 光不足では美しい葉色が出ない。繁殖は挿し木または種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
半日陰を好む耐陰性がある5〜10℃が必要普通の水やりでよいときどき葉水を与えるとよい
ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間