ロニケラ・ニティダ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ロニケラ・ニティダ
学名Lonicera nitida
和名
英名
流通名ロニセラ
科名スイカズラ科
属名ロニケラ属(スイカズラ属)
用途 小〜中鉢
花壇
生け垣
性状常緑低木
原産地中国・雲南
特徴 クサツゲに似た植物で、長さ1.5cm程度の小さな卵円形の葉がぎっしりと着きます。暑さ、寒さに強く、刈り込みにも強い低木なので、鉢植え、寄せ植え、グランドカバー、生け垣など広い用途に使えます。イギリスで改良された多くの品種があり、例えば’ユンナン’は緑葉で生け垣向き、写真の’バーグズンズゴールド’は黄金色葉、極矮性で、グランドカバー、鉢植向きです。花は淡黄色。
管理 性質は強健、管理は容易。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水

ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ