メキシコキッコウリュウ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
メキシコキッコウリュウ
学名 Dioscorea macrostachya
(=Testudinaria macrostachya)
和名メキシコキッコウリュウ(メキシコ亀甲竜)
英名
流通名メキシコキッコウ
科名ヤマノイモ科
属名ディオスコレア属(ヤマノイモ属)
性状多年草(塊根)
用途小〜中鉢
原産地メキシコ、中米
特徴 亀甲状の彫りの深い半球状の芋(塊根)を生じる壺型植物で、この塊茎の形が面白く、多肉植物として愛好されてきました。キッコウリュウとたいへんによく似ていますが、塊根がやや扁平で、生育期が全く逆になります。本種は、夏の間に蔓性の茎を出し、長三角形の葉をつけ、冬には休眠します。キッコウリュウは夏に休眠します。なお、本種はヤマノイモの仲間です。
管理 生育期は水を普通に与えるが、休眠期は控える。繁殖は種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ