ミカニア・デンタタ(テルナタ)
ミカニア・デンタタ(テルナタ)
学名Mikania dentata (=M.ternata)
和名
英名
流通名 ミカニア・テルナタ
科名キク科
属名ミカニア属
用途 小〜中鉢
吊鉢
花壇
性状蔓性常緑多年草
原産地ブラジル
特徴 葉は掌状で裏面が紫で美しいギヌラに似た植物です。生育は旺盛で、蔓はよく伸びます。吊鉢向きですが、寄植えの素材としてもおもしろいものです。8〜9月に淡黄白色の花が咲きますが、花は、管状花だけで、舌状花はありません。なお、一般には古い学名のミカニア・テルナタの名前で出回っています
管理 性質は強健なので管理は容易。繁殖は挿し木。ほぼギヌラの管理に準ずる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間