モリンダ・キトリフォリア
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
モリンダ・キトリフォリア
学名Morinda citrifolia
和名ヤエヤマアオキ 別名:アカダマノキ
英名 Indian mulberry
流通名モリンダ、ノニの木、モリンダ・シトリフォリア
科名アカネ科
属名モリンダ属
性状常緑低木
用途中〜大鉢
原産地東南アジア、南アジア
特徴 マングローブ林などに自生し、高さ6mほどになる熱帯果樹です。葉は長楕円形、濃緑色で、葉脈が目立ちます。白い花が咲き、液果が合着した集合果ができますが、これは卵形で、白〜黄白色、長さ5cm程度です。異臭がするので実用的な果実とはいえませんが、「ノニ」の名でジュースなどの加工品があります。一方、材や樹皮は黄色、根は赤色染料になります。葉は食物を包むのに用います。
管理 性質強健。繁殖は種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水

ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間
熱帯植物館「ヤエヤマアオキ」