ムラサキオモト(ロエオ)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ムラサキオモト(ロエオ)
学名 Tradescantia spathacea
(=Rhoeo spathacea)
和名ムラサキオモト
英名 oyster plant, boat lily
流通名
科名ツユクサ科
属名トラデスカンティア属(ムラサキツユクサ属
性状常緑多年草
用途 ミニ、
小〜中鉢
原産地中米・西印諸島
特徴 葉の表が暗緑色、裏が輝きのある暗紅紫色で美しい。葉は長楕円状披針形で長さ15〜30cm、短い茎の先端に密集して着きます。その姿がオモトに似ていることからムラサキオモトの名があります。夏頃には葉腋に二枚貝のような苞葉が着き、その間から白または淡紫色の花が咲きます。古くから栽培されていた観葉植物で、性質は強健です。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へツユクサ科の仲間同じ属の仲間へ管理方法の解説へ