ネオレゲリア ’リオ・オブ・リオ’
ネオレゲリア ’リオ・オブ・リオ’
学名Neoregelia carolinae ' Rio of Rio'
和名
英名
流通名
科名パイナップル科
属名ネオレゲリア属
性状常緑多年草
用途中鉢
原産地ブラジル(園芸品種)
特徴 ネオレゲリア属は着生種で、葉を観賞する種がたくさんありますが、中でもカロライナエ種は代表的です。本品種はその改良種と思われますが、ストロンを出して群生する小型種で、葉の長さは10〜15cm程度。葉は光沢があり、中央部が赤色で色合いが美しく、群生する姿が魅力です。ネオレゲリア属に多い葉縁の刺はあまり目立ちません。
管理 ネオレゲリア・カロライナエに準ずる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へパイナップル科の仲間同じ属の仲間へ