ニドゥラリウム・ビルベルギオイデス
学名Nidularium billbergioides
和名
英名
流通名
科名パイナップル科
属名ニドゥラリウム属
性状常緑多年草
用途小〜中鉢
原産地ブラジル
特徴 葉は披針形で柔らかく、強く湾曲して垂れ下がり、長さ25〜40cm、ロゼット状に出ます。葉の色は光沢ある濃緑、葉の縁には柔らかいトゲがあります。ロゼットの中心部からは本属では珍しく直立した10cmほどの花茎を出し、その頂部に橙色〜黄色の苞を密に着けます。中心部や苞の腋には白色の花が咲きます。
管理 葉筒には水を貯める。繁殖は株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
半日陰を好む耐陰性がある5〜10℃が必要普通の水やりでよいときどき葉水を与えるとよい
ホームページ観葉植物百科目次へパイナップル科の仲間同じ属の仲間へ