ニドゥラリウム・インノチェンティー
学名Nidularium innocentii
和名ウラベニアナナス
英名
流通名ニズラリウム・インノセンティー
科名パイナップル科
属名ニドゥラリウム属
性状常緑多年草
用途小〜中鉢
原産地ブラジル
特徴 葉は舌状でやや薄く、葉縁は波うち細かいトゲがあり、長さ20〜30cm、ロゼット状に出て、基部は杯状になっています。葉の表面は暗褐緑色〜暗赤緑色、裏面は暗赤緑色です。花茎はロゼットの中心部に出ますが短くて見えず、花は沈むように着きます。開花時に周辺の苞は光沢ある紅赤色になります。本属はネオレゲリア属と形態が似ています。
管理 葉筒には水を貯める。繁殖は株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
半日陰を好む耐陰性がある5〜10℃が必要普通の水やりでよいときどき葉水を与えるとよい
ホームページ観葉植物百科目次へパイナップル科の仲間同じ属の仲間へ