ニオイヒバ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ニオイヒバ
学名Thuja occidentalis
和名ニオイヒバ
英名 American arborvitae
流通名
科名ヒノキ科
属名クロベ属
性状常緑高木
用途 中〜大鉢
庭園
原産地北米東部
特徴 葉にさわると芳香があるので、ニオイヒバの名があります。長円錐形の姿になる高木。葉は濃緑色ですが、冬は茶褐変を呈します。園芸種が多く、葉が黄金色のものや丸く仕上がる矮性種などもあり、コニファーの代表的な種類の一つになっています。 ラインゴールド、クロボーサ、エムロード(エメラルド)、ヨーロッパゴールドなどが有名品種です。
管理 性質は強健。繁殖は挿し木。適期は4〜5月。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間