セダム・ルブロティンクツム(虹の玉)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
セダム・ルブロティンクツム(虹の玉)
開花期101112
学名Sedum rubrotinctum
和名園芸名:虹の玉(ニジノタマ)
英名 christmas cheer
流通名
科名ベンケイソウ科
属名セダム(セドゥム)属(マンネングサ属)
性状常緑多年草
用途小〜中鉢
原産地メキシコ
特徴 草丈10〜15cmの茎に短円柱状の多肉の小さな葉をぎっしりと着ける小型の多肉植物です。葉は、春から夏の間の生育期には緑色をしていますが、秋に赤くなる姿が美しい。初夏に星形の黄色い花が咲きます。本種の枝変わり品種のオーロラ(園芸名:宇宙錦)は葉に乳桃、乳黄の斑が入ります。
管理 性質は強健。明るい場所を好む。秋に水を減らし、強光に当てると美しい赤色が発色しやすい。繁殖は挿し芽、葉挿し。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ