トックリラン(ノリナ)

トックリラン(ノリナ)
学名Nolina recurvata (=Beaucarnea recurvata)
和名トックリラン
英名 bottle palm, elephant foot tree
流通名ノリナ
科名キジカクシ科(リュウケツジュ科)(リュウゼツラン科)
属名トックリラン属
性状常緑小高木
用途 ミニ
小〜大鉢
原産地メキシコ
特徴 株元が肥大した幹の先端からは、線状の葉が密集して反り返りながら垂れ下がる姿がおもしろい植物です。肥大した幹の姿が徳利に似ているところからトックリランの名がついていますが、ノリナで呼ぶ場合が多いようです。最近は葉が繊細で、幹の基部があまり膨らまない品種のポニーテールがよく出回っています。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ観葉植物百科目次へユリ科の仲間管理方法の解説へ