ニッパヤシ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ニッパヤシ
学名Nypa fruticans
和名ニッパヤシ
英名 mangrove palm
科名ヤシ科
属名ニッパヤシ属
性状常緑低木
用途小〜中鉢
原産地熱帯アジア〜豪州北部
特徴 熱帯のマングローブを形成する植物の一つで、海に近い泥湿地に群生しています。株元から羽状葉の葉だけが出て、長さは数メートルになります。屋根葺き材にして、ニッパハウスを造ります。また、花柄を切り取って出る汁液から、砂糖や酒をつくります。熱帯の有用樹ですが、観賞用には、種子から芽を出したばかりのものが流通します。
管理 塩分を含んでいる湿地で育つ植物ですが、真水でも生育は可能。水は多めに。性質は強健。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間
豆知識「マングローブ」熱帯植物館「ニッパヤシ」