ピレア・セルピラケア
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ピレア・セルピラケア
学名Pilea serpyllacea (=P. serpyllifolia=誤用)
和名メキシコミズ
英名
科名イラクサ科
属名ピレア属(ミズ属)
性状一、二年草
用途 ミニ、
小鉢
原産地熱帯南米北部
特徴 小さな葉が密生する小型のピレアで、寄せ植え用に人気があります。小型でこんもりとした姿になります。葉に大小があり、大きな葉でもせいぜい6mm、対生になっている対の葉はたいへんに小型です。本種は直立性です。本種とよく似た近縁種に、ピレア・ミクロフィラ(コメバコケミズ)がありますが、これは横に這う性質があります。
管理  陽光を好む。他はピレア・カディエレイの管理方法に準ずる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水

ホームページ観葉植物百科目次へイラクサ科の仲間ピレア属の仲間へ