リプサリス・バッキフェラ
学名Rhipsalis baccifera (=Rhipsalis cassutha
和名園芸名:イトアシ(糸葦)
英名 mistletoe cactus
流通名リプサリス・カスッサ
科名サボテン科
属名リプサリス属
性状常緑多年草
用途 小〜大鉢
吊り鉢
原産地 熱帯アメリカ、熱帯アフリカ、
マダガスカル、スリランカ
特徴 細い円柱状〜ひも状の茎が長さ数メートル伸びる大型種ですが、繊細で優雅な雰囲気が好まれます。茎の径は3〜4mm、1節あたりの長さは10〜50cmで、又状あるいは3〜4輪状に分枝を繰り返しながら伸びて下垂します。花は小さく、白色です。
管理 高い空中湿度を好む。冬は水を減らす。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
夏だけは直射光を避ける耐陰性がある5〜10℃が必要普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ