リプサリス・エリプティカ
学名Rhipsalis elliptica
和名
英名
流通名
科名サボテン科
属名リプサリス属
性状常緑多年草
用途 中〜大鉢
吊り仕立て
原産地ブラジル東部
特徴 葉のように見えるのは茎の変化したもので、「葉状茎」といい、長楕円形、長さは10cmあまり、多肉質で革質、周縁が少し波打っています。これが連なって長い茎を形成し下垂します。光が強いときなどには周縁が赤色を帯びます。下部の茎は葉状ではなく、3稜で、より堅く革質です。花は黄色で径2cmほど。サボテンらしくない姿が面白い。
管理 高い空中湿度を好む。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
夏だけは直射光を避ける耐陰性がある5〜10℃が必要普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ