リボンファーン
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
リボンファーン
学名Ophioglossum pendulum
和名コブラン
英名 ribbon fern
流通名リボンファーン
科名ハナヤスリ科
属名ハナヤスリ属
性状常緑多年草(シダ)
用途小〜中鉢
原産地豪州〜アジア、ポリネシア
特徴 リボンのようにヒモ状で捩れた葉が垂れ下がる姿がたいへんに面白い着生シダです。葉(葉状体)の長さは30cm〜1m以上にもなります。根茎を形成し、匍匐性で、樹木や岩石などに付着して育ちます。葉は大きくなると先端が又状に分かれます。胞子葉は円柱状で、長さ5〜15cm、葉状体の基部付近から突き出るように出ます。沖縄県などにも自生しますが、絶滅危急種になっています。
管理 多湿を好む。繁殖は株分けまたは胞子まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へシダの仲間同じ科の仲間