リュウビンタイ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
リュウビンタイ
学名Angiopteris lygodiifolia
和名リュウビンタイ
英名
科名リュウビンタイ科
属名リュウビンタイ属
性状常緑性シダ
原産地日本南部、台湾
用途中〜大鉢
特徴 大型の常緑性のシダで、葉は長さ1mほどになります。古い葉の落ちた後がゴツゴツした黒褐色の塊状になるのが特徴で、これだけでも面白い形をしているが、この塊から数枚の葉が出ている姿がよい。石垣島の地堀品が出回っています。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へシダの仲間同じ科の仲間管理方法の解説へ