オオバジャノヒゲ
オオバジャノヒゲ
品種:’黒竜’
観賞期101112
学名Ophiopogon planiscapus
和名オオバジャノヒゲ
別名
英名
科名キジカクシ科(スズラン科)(ユリ科)
属名ジャノヒゲ属
性状常緑多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地日本
特徴 ジャノヒゲに似た形態ですが、葉の幅が5〜6mmと広く、逆に葉の長さはやや短く、葉色は濃いなどの違いがあります。しかし、ジャノヒゲと同様に、庭園の下草として、日陰の芝生のような使い方をします。初夏のころ、葉の間から花茎が出て白〜淡紫色の花を下向きに着け、秋には濃青色の球形の果実を着けます。特に多く使われるのは、黒っぽい独特の葉色をした品種の’黒竜’(コクリュウ)」です。
管理 性質は強健。繁殖は株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水

ホームページ観葉植物百科目次へ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ