リュウゼツラン
リュウゼツラン
フクリンリュウゼツラン
学名Agave americana 'Marginata'
和名フクリンリュウゼツラン
英名 American aloe
流通名リュウゼツラン
科名キジカクシ科(リュウゼツラン科)
属名リュウゼツラン(アガヴェ)属
性状常緑多年草
用途 中〜大鉢
花壇
原産地メキシコ
特徴 公園などによく植栽されている大形のアガベで、葉の長さは2.5m、ロゼット径が3〜4mにもなります。葉は長線状披針形で、灰青緑色のものをアオノリュウゼツランといい、黄白色の斑入りをフクリンリュウゼツランといいますが、これを単にリュウゼツランと呼ぶ場合が多いようです。数十年に一度、4mほどある花茎を伸ばし、多数の花をつけます。
管理 耐寒性は強く、関東以西では露地植が可能。排水性の良い用土を好む。繁殖は株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ観葉植物百科目次へユリ科の仲間アカリファ属の仲間へ