セネキオ(セネシオ)・クレイニフォルミス(マサイの矢尻)
学名Senecio kleiniiformis (= S. cuneatus )
和名
英名 spearhead
流通名マサイの矢尻
科名キク科
属名セネキオ(サワギク)属
性状多年草(亜低木、多肉)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南アフリカ
特徴 葉は白粉を帯びた青白色、先端付近は舟形で、不規則な切れ込みがあり、内側に巻き込んでおり、基部ほど細くなります。この独特の形態をした多肉葉は、槍の穂先を連想させ、それが英名になっています。日本ではマサイ族の矢尻を連想したようです。葉の長さは10cmほど、草丈は30cmほどで、基部は木質化します。
管理 性質は強健。冬は室内の日当たりのよい場所に置き、水を控える。繁殖は挿し木または種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
5℃より下がってもよい乾燥気味を好む
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ