コダカラベンケイ (シコロベンケイ)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
コダカラベンケイ (シコロベンケイ)
開花期101112
学名 Kalanchoe daigremontiana
(=Bryophyllum daigremontianum)
和名コダカラベンケイ
園芸名シコロベンケイ(錣弁慶)
英名 devil's backbone
科名ベンケイソウ科
属名カランコエ属
性状常緑多年草(多肉)
原産地マダガスカル
用途小〜中鉢
特徴 葉は長三角形で肉厚、周縁の鋸歯の先端に不定芽が着き、これから新しい株ができるのでコダカラベンケイの名が付いてます。茎は直立して分枝せず、葉の上面は鮮緑〜黒緑色、裏面は、本来は赤紫〜黒紫色の斑紋があります(写真は斑紋がない)。冬には茎頂より花茎を伸ばし、淡桃色の花が咲きます。
管理 性質は強健。水のやりすぎに注意。乾燥には強い。繁殖は葉の縁の不定芽をはずしてばらまく。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
夏だけは直射光を避ける
5℃より下がってもよい乾燥気味を好む
ホームページ観葉植物百科目次へコショウ科の仲間同じ属の仲間へ