ネフロレピス(セイヨウタマシダ)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ネフロレピス(セイヨウタマシダ)
’ツデイ’
学名Nephrolepis exaltata
和名セイヨウタマシダ
英名 common sword fern
科名ツルシダ(タマシダ)科
用途 ミニ
小〜中鉢
吊り鉢
切り花
属名ネフロレピス属(タマシダ属)
性状常緑多年性シダ
原産地世界の熱帯、亜熱帯
特徴 シダ類の中では最も生産の多い種類です。タマシダは、日本にも自生し、切り葉などに利用されていますが、鉢植えとして広く出回っているのはセイヨウタマシダ(エクサルタータ)です。だから、単にネフロレピスといえばセイヨウタマシダのことをさします。これは改良がよく進み、品種もたくさんありますが、ボストンファーンが最も有名です。そしてこれを元にして多くの品種が育成されました。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へシダの仲間同じ科の仲間同じ属の仲間へ管理方法の解説へ