ツタ
学名Parthenocissus tricuspidata
和名ツタ 別名:ナツヅタ、アマヅタ、モミジヅタ
英名 Japanese creeper, Boston ivy
流通名
科名ブドウ科
属名パルテノキッスス(ツタ)属
性状落葉蔓性低木
用途 小〜中鉢
壁面など
原産地日本〜中国
特徴 他物に付着して伸びる蔓植物で、甲子園球場の外壁の植栽が有名です。付着するための巻ひげは、先端に吸盤があり、葉と対生しています。長枝に着く葉はかなり様々な形態をしますが、短枝に着く葉は3裂して先端が尖っています。秋には美しく紅葉します。老樹では幹は10cmほどにもなります。ブロック塀や建築物の壁面緑化あるいは盆栽に使います。
管理 性質は強健。繁殖は挿し木または種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ