マルハウチワヤシ(リクアラ・グランディス)
学名Licuala grandis
和名マルハウチワヤシ
英名
流通名ウチワヤシ
科名ヤシ科
属名リクアラ属
性状常緑低木
用途中〜大鉢
原産地ニューヘブリデス諸島
特徴 葉は大きな丸い扇状で、裂けずに周辺に細かい鋸歯があるだけの特徴ある姿です。幹は細くて高さ2m弱、単幹で直立し、先端に葉を叢生しますが、全体の高さはせいぜい3〜4m程度の小型のヤシです。葉の色は明るい緑色です。葉柄にはトゲがあります。葉間から花序を出し、淡黄色の花を咲かせ、小さな赤い果実を多数着けます。
管理 高温を好む。繁殖は種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
半日陰を好む耐陰性がある10℃以上必要普通の水やりでよいときどき葉水を与えるとよい
ホームページ観葉植物百科目次へパイナップル科の仲間