フリーセア・インペリアリス(ミカドアナナス)
学名Vriesea imperialis
和名ミカドアナナス
英名 imperial bromeliad
流通名
科名パイナップル科
属名フリーセア属
性状常緑多年草
用途中〜大鉢
原産地ブラジル
特徴 径1〜2mにもなる大型の地生アナナスです。葉は長さが1〜1.5mあり、革質で黄緑色、先端は少し反り返ります。花茎は長さ1〜2.5mあり、穂状に黄色の花を多数着けます。花は10年以上育てなければ咲きません。美しいと云うよりは、雄大さを感じますが、最も巨大なアナナスであることが特徴です。植物園などでよく見かけます。
管理 性質は強健。繁殖は株分け。。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
半日陰を好む耐陰性がある5〜10℃が必要普通の水やりでよいときどき葉水を与えるとよい
ホームページ観葉植物百科目次へパイナップル科の仲間フリーセア属の仲間へ