ワシントンヤシモドキ
ワシントンヤシモドキ
学名Washingtonia robusta
和名ワシントンヤシモドキ、オキナヤシモドキ
英名 Mexican washington palm
流通名ワシントンヤシ
科名ヤシ科
属名ワシントニア属
性状常緑高木
用途 中〜大鉢
庭園
原産地米国南西部〜メキシコ
特徴 耐寒性が強いヤシで、関東以西の太平洋側の公園や街路などに広く植栽されています。葉は深く裂けた掌状葉で、葉の縁に白糸が目立ちます。幹は直立して20m以上になります。枯れた葉はほとんど落ちないで付着し、蓑状に幹を包みます。なお、近縁のワシントンヤシとは見分けがつかないほど似ていますが、日本で普及しているのは本種の方です。
管理 性質は強健。水はけの悪い用土を嫌う。繁殖は種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
ホームページ観葉植物百科目次へ同じ科の仲間