ユッカ・グロリオサ ’バリエガタ’
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
学名Yucca gloriosa 'Variegata'
和名アツバキミガヨラン
英名 Roman candle, Spanosh dagger
流通名
科名キジカクシ科(リュウゼツラン科)
属名ユッカ属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地米国南部
特徴 日本で最も多く庭園などに植栽されているユッカで、幹の高さは2.5mくらいになります。そして、1〜2mの花茎を出して、径10cmに近い大きな白花を、多数着ける姿は雄大です。剣状の葉は硬く、分厚く、先端は鋭いトゲ状です。庭園樹に使うのはほとんど緑葉ですが、鉢植えでは斑入り品種が出回ります。
管理 性質は強健。繁殖は株分け、挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む耐陰性がある0℃より下がってもよい普通の水やりでよいときどき葉水を与えるとよい
ホームページ観葉植物百科目次へユリ科の仲間同じ属の仲間へ